学校案内

スクールの特徴

スクールが全面的にバックアップ

一人一人、やりたい事や目標も違います。
在籍期間中にスキルアップしていただけるよう、定期的なカウンセリングを実施。
マンツーマンの個人レッスンで、つのだ☆ひろ校長、講師陣、スタッフが、全面的にバックアップします。
生徒さんに特化した独自のカリキュラムを組み立てて受講していただいております。

オーディション

ワイルドミュージックスクールには、たくさんのオーディション情報が入ってきます。
随時受付で情報を掲示しています。
中には一般公募ではなく、つのだ☆ひろ校長に直接人材を求める連絡が入ることも。
その場合、つのだ校長から直々に、特定の生徒さんに声をかけることもあります。
皆さんチャレンジしてみて下さい。

つのだ校長が直接指導

ドラム科グループレッスンは、つのだ☆ひろ校長が毎回課題を作り、生徒さん達に直接レッスンを行っています。
ゴスペルクワイアやコーラスの指導も、つのだ校長がボーカルとして参加し、一緒にリハーサルを繰り返します。
また、休憩時間等で、つのだ校長が生徒さん達と談笑中に音楽についての話が始まり、やがてそのまま本格的な講義に発展することも。
これはレッスン枠外のため、内容の濃さに反して一切ポイントはかかりません(無料です)

個人練習は無料

講師が立ち会わず、生徒さんだけで個人練習をしたい場合、スクールのスタジオを無料で利用できます。
勿論ポイントもかかりません。
利用時間は45分毎に区切っていますが、スタジオが空いていれば、継続して何時間利用しても無料です。

家族みんなで受講

購入したポイントは、生徒さんのご家族全員が使用することができます。
ご両親やご兄弟と一緒に来校し、それぞれ別の学科を受講して帰る、といったことも問題なく行えます。

レッスンについて

個人レッスン

レッスンは個人レッスンを中心に受講していただきます。
受講可能枠の確認を行ってもらい、電話予約、又はスクール受付でレッスン枠をご予約ください。
時間や曜日固定ではないので、その時々の都合に合わせて予約していただけます。
当日予約や当日10分前までのキャンセルも可能です。
※一部の講師は前日22:00まで(休校日になる場合は、その前日まで)ならキャンセル可能となっています。
1年間の有効期限の中で、講師と相談しながらカリキュラムを消化していきます。

グループレッスン

ボーカル科やドラム科は、定期的にグループレッスンを開講しています。
複数の生徒さんと一緒に、互いに刺激をうけながらスキルを伸ばしていくことができます。

ゴスペルクワイア

生徒さん達で結成されたゴスペルクワイア『Precious One Singer』が活動中です。
つのだ校長から指導を受けながら、隔週ペースでレッスンを受講しています。
イベント出演時にはゴスペル用ローブで正装し、つのだ校長とパフォーマンスを繰り広げます。
『Precious One Singer』への参加希望者は、随時募集中です。

アンサンブルレッスン

音楽の趣味や目標などが近い各学科の生徒さん達でバンドを組み、全員で日程を合わせてスクールに集い、一緒に練習する過程を講師が立会い指導します。
個人レッスンだけでは分からない、他の人の音と自分の歌や演奏の関わりをじっくり学ぶことができます。
逆に、アンサンブルレッスンで足りないと感じた自分の問題点は、個人レッスンに立ち返りスキルアップしていくことも必要です。
個人とアンサンブルを併用することで、実力が飛躍的に向上します。

ゼミ

“ゼミ”は、長期に渡るアンサンブルレッスン通常のアンサンブルレッスンが2〜3ヶ月単位で行われるのに対し、ゼミは半年〜1年の間、同じメンバーでレッスンを行います。
バンドを指導するのはプロとして活動する外部のミュージシャン。
バンドの立ち上げから選曲、演奏・歌唱指導、ステージパフォーマンスまで、すべてをプロデュースします。
同じメンバーでレッスンを繰り返すため、メンバー同士の息も合い、バンドとしてのクオリティは高水準になります。

ゲストミュージシャン特別セミナー

ワイルドミュージックスクールは、第一線で活躍中のミュージシャンが日常的に行き交うスクールです。
海外・日本を問わず来校するミュージシャンの中で、在校生向けの特別セミナーを開講する方もたくさんいます。
興味のあるミュージシャンや好きなアーティストの講義は、学科問わず受講可能です。

全学科受講可能

ワイルドではメインの学科以外も自由に受講できます。
学科の隔たりなく、好きなことをすべて学ぶことができます。
例えば「ボーカル科に所属しながらサウンドクリエイター科で作曲を学んだり、ドラム科に通ってリズム感を鍛えたり…」といったことが制約なく行えます。